はじめに

ピーク時と比較すると、交通事故の件数は減っているものの、毎年多くの方が被害に遭っています。

たとえ注意しながら生活していたとしても、トラックやバスなどと接触してしまったり、あるいは急停車による車内事故に遭ってしまうなど、私たちの生活の中には危険が潜んでいます。
image
もし交通事故の被害者になってしまった場合には、早い段階で弁護士へ相談することが大切です。

弁護士は法律に関する専門家ですので、交通事故の損害賠償(民法709条不法行為に基づく損害賠償請求)の
そのため加害者の保険会社との示談交渉や対応を依頼した場合には、きるだけ有利に事件をすすめてくれます。

また事故の際に、けがを負ってしまい、通院や入院が必要になることもあります。そうしたけがの治療をしながら、交通事故の相手側との交渉を行うことは、身体的に負担になるだけでなく、精神的にも大きな負担となります。

さらに加害者との交渉を弁護士に依頼することで、難しい書類を作ってくれたり、症状固定のときに後遺障害診断書作成のアドバイスをくれたり、主治医が後遺障害診断書を書いてくれない場合に相談に乗ってくれたり、

なにより加害者側の保険会社と示談交渉を強力かつスムーズに進めてもらうことができるだけでなく、賠償金の金銭的なメリットも多いのが現実です。

もし交通事故の被害者になってしまった場合には、できるだけ早い段階で複数の弁護士がいる法律事務所の無料相談を利用することが解決への近道になるということができるでしょう。複数の弁護士がいる法律事務所だと、かなりの事件数をこなすことができ、必然的にその法律事務所のノウハウが蓄積され、色々なケースでの交通事故賠償におけるトラブルに迅速適切な対応ができるだけでなく、より適正な損害賠償の実現を確実に実現してくれる可能性が高まります。

むちうちの難しいところ

むちうちの特徴として、後遺障害を立証しにくいという点があります。レントゲン写真やMRIでもむちうちの症状を裏付ける他覚的所見が写りにくいのが原因です。
もし写っていれば後遺障害等級12級が認められる可能性が出てきます。ただし他覚的所見があるだけではなく、自覚症状と一致している必要がありますし、他の要素と合せて後遺障害等級は認定を受けるため絶対ではありません。

問題は14級に相当するむちうちの場合です。写真に写らないので、その他の要素でむちうちを立証しないといけません。

後遺障害等級12級も後遺障害等級14級も獲得は難しいのが最近の状況です。交通事故に詳しい、とくにむちうちに詳しい交通事故弁護士(後遺症)に相談するのがとても役にたつはずです。

通院日数や主治医に伝えていることがカルテや診療報酬明細書などに表現されていることも立証に役立つときもあるようです。交通事故の怪我が原因でむちうちになってしまったっ場合、できるだけ早く交通事故に精通した弁護士に相談しましょう。